前へ
次へ

カタログギフトはお互いに利点があります

カタログギフトが有効的に活用できる時というのはどんな時かといえば、例えば結婚式であったり出産の内祝いとかあるいは香典返しということもあるでしょう。要するに何かしらの返礼とかお祝いなどをしたい、というときによいわけです。快気祝いのお返しとか新築祝いのお返しというのもありでしょう。お中元の時も良いでしょうし何かしらは記念日ということになった時に相手にそのお祝いの意志を伝えるために、ということでカタログギフトを利用するというのもよいでしょう。この方とギフトの最大の魅力というのはどこにあるのか、といえばまず、自分たちから見ると基本的にそれを贈るだけでこちらがいろいろと考えるという必要性がないということです。そして、カタログギフトを受け取る側としても何かしらお祝いの気持ちとかあるいは返礼ということで受け取るわけですが、その時に相手が色々と考えて決めてきてくれるというのも良いのですが、それですと自分は特に欲しくもないものを受け取らなければならないというのはことがあったりします。そうではなくて、多少制限はあるにしてもカタログギフトの中から自分で好きなものを選ぶということができるという点にやはり魅力があるわけです。

カタログギフトにも色々とランクがありますから、どんなものにするのか、というのはかなり重要になってきます。お返し、ということになりますと相場としては受け取った金額の半分くらい、というのがあります。つまりは、祝儀などで3万円くらい貰ったということになりますとお返しになるのは1万5千円くらいです。但し、結婚式などであれば食事代なども含めて考えますとからこの場合は1万円弱くらいのカタログギフトにする、ということが基本となることでしょう。但し、あくまで相場であり、そんなに厳格に決まっているというわけではありませんから、それは注意しておきましょう。多い分には基本的には問題はないことになります。

Page Top